このウェブサイトは18歳以上を対象としたコンテンツが含まれています。
18歳未満の方はご観覧をご遠慮下さいますよう、ご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

クッキー削除

0 %
鉄道車輌を制御する人型モジュール・レイルロオド。
旧帝鉄8620系蒸気機関車のトップナンバー機、8620の専用レイルロオドであるハチロクも、他の数多のレイルロオドたちと同様、大廃線に伴って廃用され、長い眠りについていた。
大廃線による鉄道事故で家族を失くし、隈本県は御一夜市の焼酎酒造、右田家の養子となった少年、右田双鉄。
長じて帝大へと進学した彼は、第二の故郷を、工場誘致による水汚染から救うべく、御一夜へ帰還。
そこで偶然にハチロクを目覚めさせ、そのオーナーとなる。
双鉄とハチロクとは、それぞれの目的を達成するため、行方不明になっている蒸気機関車8620の捜索を決意。
双鉄の義妹で絵描きの日々姫、御一夜市長兼御一夜鉄道社長ポーレットらと力をあわせ、8620復活を目指し、奮闘努力を重ねていく。
8620を復活させたものの、客車のあてが無い状況を解決すべく、双鉄はハチロクと8620との周辺の日常を写真にとり、それを“運転台通信”として、公開することを試みる。
運転台通信は評価され、蒼森は西津輕鉄道においてストーブ客車として運用されていた客車の譲渡を受けることとなる。
双鉄の案でバーベキュー仕様として改装された客車を引き連れての『BBQ列車もくもくハチロク号』は、観光客からの大好評を得、出動・乗務の回数は大幅に増加していく。
が、8620に隠れていた古傷が、改装によって重量増した客車と満員の乗客と、休む間も無い出動により表面化。8620は、台枠破損という致命傷を負ってしまう。
絶望するハチロクに、選択を迫る双鉄。ハチロクは双鉄の手を取り、深い傷からの再起を目指し、共に立ち上がっていく。
御一夜市民の本当の声を聞くため、日々姫と行動をともにし、その生活に触れようと試みる双鉄。
そうした日々の中、日々姫自身とその作品とが、看板描きやイラストマップ作成などの仕事を通じて、御一夜に広く親しまれていることを知る。
が、その間にポーレットの負担は増大。
市長と社長との兼務に耐えられなくなり、市長辞任にまで追い込まれてしまう。
辞任に伴う市長戦での敗北は、御一夜へのエアクラ工場誘致の確定を、そして長期的な御一夜の衰退を意味する。
最善の候補=日々姫であると確信した双鉄は日々姫に市長選出馬を促し、兄の期待に応えたい日々姫は、戸惑いつつも出馬を決意。
予想以上の重圧に見失ってしまった、“自分が描きたい御一夜の未来図”を、日々姫は双鉄とともに探し求め、それが人々の笑顔の中にあるのだと気付き、絵筆を手に取る。
市長と社長とを兼務するポーレットの負担を減らすため、その政策面のフォローを開始した双鉄。
ポーレットの主張する、“鉄道を活用しての観光復権”を具体化すべく、術仙廃炭鉱の活用法を模索。
体験型観光採炭と、採炭した石炭の、蒸気機関車燃料としての活用とを両軸とし、術仙廃炭鉱をリニューアルしいた観光テーマパーク、『御一夜マイントレジャー』の設立を提言する。
同案の実現化に向け市長専念のポーレットに代わり、双鉄はキハ07sと、その専用レイルロオドであるれいなとの乗務訓練にのぞみ、そこで、キハ07sの足回り不安が、観光振興への致命傷となりかねないことに気付く。
キハ07改修はれいなを、今ある幸せを変えてしまうかもしれない―その恐れをポーレットは、双鉄とともに乗り越え、再び走り出していく。